カメラ・レンズ・アクセサリー

水面を滑らかに写せるNDフィルターはどれ?2種類を試し撮りしてみました

NDフィルターを使うと海面や湖面が滑らかになり、カッコいい雰囲気の写真が撮れるという話を聞きました。

そこで、リーズナブルな丸型タイプのフィルターを購入して、私も挑戦することに!!

相方が使っているND1000は難しそうだったので、ND8とND500の2枚を購入し、練習のために海で撮り比べてみました。

スポンサーリンク

NDフィルターとは

NDフィルターは、レンズに入る光の量を減らすことができる、グレーのフィルターです。

レンズの前にサングラスを付けるようなイメージです。

NDフィルターの種類

フィルターは、ND2~ND100000までの種類があります。

数字が大きいほどフィルターが濃くなり、シャッター速度を遅くできます。

フィルター装着時のシャッター速度の目安

フィルターなし速度 ND2 ND4 ND8 ND16 ND500 ND1000
1/4000秒 1/2000秒 1/1000秒 1/500秒 1/250秒 1/8秒 1/4秒
1/2000秒 1/1000秒 1/500 1/250秒 1/125秒 1/4秒 1/2秒
1/1000秒 1/500秒 1/250秒 1/125秒 1/60秒 1/2秒 1秒
1/500秒 1/250秒 1/125秒 1/60秒 1/30秒 1秒 2秒
1/250秒 1/125秒 1/60秒 1/30秒 1/15秒 2秒 4秒
1/125秒 1/60秒 1/30秒 1/15秒 1/8秒 4秒 8秒
1/60秒 1/30秒 1/15秒 1/8秒 1/4秒 8秒 15秒
1/30秒 1/15秒 1/8秒 1/4秒 1/2秒 15秒 30秒
1/15秒 1/8秒 1/4秒 1/2秒 1秒 30秒 1分
1/8秒 1/4秒 1/2秒 1秒 2秒 1分 2分
1/4秒 1/2秒 1秒 2秒 4秒 2分 4分
1/2秒 1秒 2秒 4秒 8秒 4分 8分
1秒 2秒 4秒 8秒 15秒 8分 16分
2秒 4秒 8秒 15秒 30秒 16分 32分

※カメラ側で設定できるシャッタースピードで表記しているため、計算と異なる数字になっている場合があります。

シャッター速度の計算方法

計算方法には3つのパターンがあります。

これを理解しておけば、スマホの電卓機能などで簡単にシャッター速度を計算することができます。

シャッター速度分母数がND数よりも大きい場合

1 / ( シャッター速度分母数 ÷ ND数 )

シャッター速度 1/4000秒 : ND500 だと 1/(4000÷500) = 1/8秒

シャッター速度分母数がND数よりも小さい場合

ND数 ÷ シャッター速度分母数

シャッター速度 1/125秒 : ND500 だと 500÷125 = 4秒

シャッター速度が分数でない場合

シャッター速度 × ND数

シャッター速度 2秒 : ND500 だと 500×2 = 1000秒なので16分

NDフィルターのメリットとデメリット

メリット

  • 「絞り開放」「シャッター速度を遅くする」ことで起きる白飛びを防ぐことができる。
  • シャッター速度を遅くして、被写体をぶらすことができる(滝を絹糸のようにする・水面の波紋を無くす、雲を流す、動く車や人を消すなど)。
  • 明るい場所で絞りを開けて背景をぼかしたい時に、適正露出にしてくれる。
  • 回折現象を防ぐことができる。*注1
  • 2枚を組み合わせて使うことができる(例:ND4×ND8=ND32相当)。*注2
  • *注1:回析現象とは、F値を大きくすることで画像の解像力が低下し、シャープさが失われる現象です。
  • *注2:フィルターを重ね付けすると、ケラレる場合があるので注意が必要です。重ね付けする場合は、一番濃いNDフィルターを被写体側に付けます。

デメリット

  • スローシャッターにする場合は三脚が必要。
  • ND32以上の遮光性が高いものは、ファインダーや液晶画面が見えにくくなり、オートフォーカスが使えない。
  • 遮光性が高いフィルターを使う場合は、フォーカスをマニュアルにしなければならない。

NDフィルター装着時の写真の撮り方

  1. カメラを三脚にセットする。
  2. ISO感度を一番低い数値にする。
  3. ホワイトバランスはオートではなく、状況に合わせて設定する。
  4. 露出モードは「マニュアル露出」または「絞り優先」にする。
  5. 手ブレ補正機能をOFFにする。
  6. フィルターを装着する前に構図を決め、オートフォーカスでピントを合わせる。*注1
  7. ピントを合わせた後、マニュアルフォーカスに切り替え、ピント位置が変わらないようにする。
  8. フィルターを取り付け、リモコンシャッターやタイマー機能を使ってシャッターを切る。
  • *注1:最初からマニュアルフォーカスでピントを合わせてもOKです。

撮影例

フィルター無し

カメラ ソニーα5100 レンズ ソニーE18-55mm F3.5-5.6 OSS 設定 F8・1/200秒・ISO100・焦点距離52mm

今回は曇り空ということで、シャッタースピードがいつもより遅くなりました。

とはいえ、水面の泡立ちがハッキリと見えます。

ND8

カメラ ソニーα5100 レンズ ソニーE18-55mm F3.5-5.6 OSS 設定 F16・1/10秒・ISO100・焦点距離52mm

天候にもよりますが、波の様子はNDフィルター無しとあまり変わらない感じです。

Kenko NDフィルター PRO ND8 49mm
created by Rinker

ND500

カメラ ソニーα5100 レンズ ソニーE18-55mm F3.5-5.6 OSS 設定 F13・4秒・ISO100・焦点距離52mm

シャッター速度を4秒まで落とすと、水面がかなり滑らかになりました。

私としては、4~5秒がベストだと思います。

しかし、シャッター速度が遅くなるにつれて色被りするのがチョット残念です。

カメラ ソニーα5100 レンズ ソニーE18-55mm F3.5-5.6 OSS 設定 F20・10秒・ISO100・焦点距離52mm

10秒だと大きな波が絹糸状になるので、海の感じが薄れてしまいました。

背景に大きな岩があれば良い写真になったと思います。

ND500×ND8

カメラ ソニーα5100 レンズ ソニーE18-55mm F3.5-5.6 OSS 設定 F11・20秒・ISO100・焦点距離52mm

シャッター速度をここまで落とすと、波も水面もより滑らかになり、サーファーもほとんど消えてしまいました。

カメラ ソニーα5100 レンズ ソニーE18-55mm F3.5-5.6 OSS 設定 F16・30秒・ISO100・焦点距離27mm

1番広角の18mm(35mm換算だと27mm)で撮ったところ、ケラレて四隅が黒くなってしまいました。NDフィルターを重ね付けする場合は、少しズームを聞かせた方が良さそうです。

Kenko NDフィルター PRO ND500 49mm
created by Rinker

最後に

水の揺らぎを滑らかに撮る場合、最低でもND500が必要のようです。

私としては満足な仕上がりでしたが、それでも物足りないようであれば、ND1000を使うことをお勧めします。

ともかくカッコイイ写真が撮りたい!
created by Rinker