観光海匝エリア

ホワイト・クリフ?それともエアーズロック?夕焼けの「屏風ヶ浦」(千葉県銚子市)

NDフィルターが届いたので、「今日は写真撮影に行こう」と三脚を積んで車を飛ばしたものの、気が付いたら夕暮れの銚子にいました。

私は海岸で波を撮りたかったんだよ~!!

こんなに暗いとNDフィルターが使えないじゃないか~!!

と思いつつ、九十九里浜とは違う、ワイルドな千葉の海で夕日を堪能してきました。

スポンサーリンク

屏風ヶ浦とは

屏風ケ浦は、千葉県銚子市名洗町から旭市刑部岬までの約10kmにわたり、40~50mの断崖が続く海食崖です。

地面が切り取られたかのような断崖が続く様子は、ドーバー海峡にあるホワイト・クリフ(白い崖)に似ていることから、東洋のドーバーとも呼ばれています。

夕日で赤く染まる様子は、オーストラリアのエアーズロックにも似ていると思いました。

屏風ヶ浦の崖上は高所で大変危険であり、私有地も存在していることから、見学は銚子マリーナ海水浴場から続く遊歩道を利用してください。

屏風ヶ浦の夕日

夕日が沈む様子。

遠くにはくっきりと、富士山が見えました。

銚子でも富士山が見れるなんて、改めてその大きさを実感しました。

銚子の象徴のひとつでもある、風力発電タービン。

望遠レンズを付けていれば、夕日も富士山も大きく写せたのになぁ。

広角から望遠まで1本で写せるいいレンズが欲しい・・・。

おまけ

屏風ヶ浦へ行く前に、河岸公園で銚子大橋を眺めてきました。

公園の向こう岸に見える住宅街と風力タービン。

しゃがんで撮影したところ、NDフィルターが塩水の洗礼を浴びました。

数枚しか映していないのに、メンテナンスの手間だけが増えたので、付けなきゃよかったと後悔しました。

アクセス

屏風ヶ浦(びょうぶがうら)

  • 住所:千葉県銚子市名洗町
  • 入場料:無料(銚子マリーナ海水浴場の駐車場を利用)
  • 駐車場:有
  • トイレ:有
  • 公式サイト:無

参考資料

千葉 ぶらり歴史探訪ルートガイド
created by Rinker
ちばの魅力、再発見 ちば観光文化検定公式テキスト
created by Rinker