カメラとレンズ

中古レンズ「SIGMA 30mm F2.8 EX DN」のカタカタ音は故障?

先日、中古のソニーEマウント用レンズ「SIGMA 30mm F2.8 EX DN」を購入しました。

全体的にコンディション良好で、問題なく使えるということだったのに、レンズを傾けるとカタカタと音がするではありませんか。

写真は問題なく撮れるものの、音がとても気になります。

そこで、故障かどうかを調べてみました。

スポンサーリンク




カタカタ音は正常です

このレンズはリニアAFモーターが採用されおり、以下のような仕様になっています。

  • 電源オンの状態 : フォーカス群が固定される
  • 電源オフの状態 : フォーカス群が固定されない

※フォーカス群とは、ピント合わせで動く部分のこと。

つまり、「カメラからレンズを外した時」「電源を切った時」にレンズが揺れるとカタカタ音が鳴り、「電源が入っている時」は音がしなくなるということなんです。

逆に、電源を入れた時にカタカタ音がするのであれば、固定されているべきレンズなどが外れている可能性があるので、故障を疑ってください。

ちなみに、マイクロフォーサーズ用でもカタカタ言うのは同じです。

最後に

カタカタ音が故障ではないと分かって安心しました。

このレンズは生産が終了していますが、まだまだ中古で購入できるレンズです。

値段が安い割には性能が良く、軽量でコンパクト、しかも色が綺麗でシャープに写ります。また、程よくボケも楽しめるので、一眼レフ初心者のお散歩レンズとしてぴったりです。

※現在は、30mm F1.4のレンズが販売されています。

【中古】SIGMA 30mm F2.8 EX DN ソニーEマウント
created by Rinker