観光長生エリア

千葉県の城址 ~ 戦が絶えず最後は本田忠勝に滅ぼされた一宮城 ~ 「城山公園」(千葉県一宮町)

スポンサーリンク




一宮城と加納久宜公

一宮城とは

一宮城は、天然の地形を利用した標高約30mの台地上に築かれた平山城です。

築城時期は南北朝時代から16世紀とされていますが、詳細は不明です。

長生郡郷土誌では

  • 永禄えいろく5年(1562年)9月、一宮城主・内藤久長が里見氏にそむき、討たれて落城した。
  • 同年7月、一宮城主・糟谷大炊助が勝浦城主・正木時忠、時通親子に討たれて落城した。

房総里見氏の研究では

  • 永禄8年(1565年)2月~6月、正木時忠が里見氏に叛き、一族の一宮城主・正木大炊助憲時を追い落として城を奪った。

など諸説あり、史実はハッキリしていません。

天正てんしょう18年(1590年)、本田忠勝ら数万の軍勢に攻められて再び落城し、文禄ぶんろく年間(1952年~1595年)に廃城となりました。

文禄元年(1952年)、本田忠勝の支配する大多喜領となった後、領主の変遷を経て明暦めいれき3年(1657年)には脇坂淡路守安元、文政ぶんせい9年(1826年)には加納遠江守久儔によって陣屋が作られましたが、明治維新によって取り壊されました。

一宮城に隣接している玉前神社と観明寺は、城攻略の兵火を受けて消失しています。また、一宮城を巡る攻防戦が度々行われたため、玉前神社の宮司が社宝を持ち出して隣国の下総国に一時疎開したとも伝えられています。

参考 一宮町ホームページ検索結果

加納久宜公とは

加納久宜かのうひさよし公は、一宮藩最後の藩主です。

嘉永かえい元年(1848年)、陸奥国(現福島県)下手渡しもてど藩主・立花種善たちばなたねよしの弟の子として生まれ、慶応3年(1867年)に一宮藩・加納家の養子となり、藩主となった直後に明治維新を迎えます。

その後、新潟学校長や大審院検事などを歴任、明治27年(1894年)に鹿児島県知事に就任し、現在の鹿児島県の基礎を築きました。

明治45年(1912年)に、一宮町民の熱望で一宮町長に就任し、耕地整理や観光開発をはかり、一宮海水浴場の開設や、名士の別荘誘致を行いました。

農業振興や教育政策など多数の事業を推進し、一宮町を全国の「模範村」と称されるまで発展させました。

公園内の広場

ベンチなどはありませんでしたが、桜の木が植樹されていました。

加納久宜公紀徳の碑

一宮町長在職6年、大正6年(1917年)に退任した久宜公の業績をたたえ、旧一宮役場に建立されました。

この碑を建立するにあたり、徳川家達いえさと(徳川宗家の後継者)、後藤新平(外務大臣・内務大臣・東京市長などを務めた政治家)、野村素介(後の日本書道会の会長)と、すべて当代一流の人物が携わっています。

※この碑は、昭和63年(1988年)に現在地へ移されました。

加納久宜公の墓

久宜公は大正8年(1919年)に療養先の大分県別府で亡くなりましたが、久宜公の功績を称え、遺徳を慕う多くの町民の懇請こんせいにより、大正11年(1922年)に分骨を納め建立されました。

墓前の薩摩風石灯篭一対は、昭和18年(1943年)に鹿児島県加納知事顕彰会から献灯されました。

お墓は町を見下ろす城山にあり、一宮の町と海が見渡せます。

参考 あわせて立ち寄りたいおすすめスポット

玉前神社(千葉県長生郡一宮町)御由緒・御利益・御朱印
拝殿 本殿 摂末社 招魂殿 日清・日露戦争から第二次世界大戦までの、一宮出身の三二五柱の戦没者をお祀りしています。 十二神社 一宮町内にあった12社を合祀しています。 三峯神社 ...
神仏分離の名残りが垣間見える九十九里の古刹「観明寺」(千葉県一宮町)
玉前神社からほど近い所に、一宮町の歴史が感じられる古き良きお寺があります。 神社は時々参拝させていただくのですが、歩いてすぐのところに、こんな由緒あるお寺があるとは知りませんでした。 観明寺とは 観明寺は天平てんぴょう6年...

アクセス

城山公園(しろやまこうえん)

  • 住所:千葉県長生郡一宮町一宮
  • 電話:0475-42-1427
  • 駐車場:有
  • トイレ:無
  • 公式サイト:無

最後に

公園の大手門から一宮小学校へと続く道は、桜並木となっています。

玉前神社から歩くと丁度いい運動になるので、桜の季節にはぜひ訪れてみて下さい。

参考資料

千葉 ぶらり歴史探訪ルートガイド
created by Rinker
ちばの魅力、再発見 ちば観光文化検定公式テキスト
created by Rinker