日本の神様

甕速日神(みかはやひのかみ)・樋速日神(ひはやひのかみ)と御利益

スポンサーリンク

甕速日神・樋速日神とは

【分類】国津神
【性別】ミカハヤヒ(不明)・ヒハヤヒ(不明)

イザナギがヒノカグツチの首を斬り落とした際、剣の刀身の根本からの血が岩石に落ちて生まれた神様です。

名前の「甕」はかめ、「樋」はとい・焙る・乾かす・火、「速日」は迅速勇猛な太陽として物を乾かしつくすという意味があります。

甕を池、樋を水路として考えると農耕の神とも言えます。

5分で読める「古事記」上巻(2)・神生みと黄泉国
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

不明

祀られている神社

  • 八幡神社(山形県酒田市)
  • 蜂前神社(静岡県浜松市)
  • 斐伊神社(島根県雲南市)
  • 佐肆布都神社(長崎県壱岐市)
  • 新田神社(鹿児島県薩摩川内市)※境外末社の九樓神社