日本の神様

石筒之男神(いわつつのおかみ)と御利益

スポンサーリンク

石筒之男神とは

【分類】国津神
【性別】男神

イザナギがヒノカグツチの首を斬り落とした際、剣の先端に付いた血が岩石に落ちて生まれた神様です。

イワサク・ネサクの後に生まれているので、二神と同様に刀剣にまつわる神様であろうと言われています。

名前の「石」は岩、「筒」は槌や土とも表記されることから、岩の神、石鎚の神、石を砕いて土に変える神と解釈することができます。

5分で読める「古事記」上巻(2)・神生みと黄泉国
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

農業守護、剣術上達、鉱業守護、縁結び、生命力向上

祀られている神社

  • 香取神宮(千葉県香取市)※摂社の匝瑳神社
  • 老尾神社(千葉県匝瑳市)
  • 赤城神社(群馬県前橋市)
  • 総社神社(群馬県前橋市)