日本の神様

萬幡豊秋津師比売命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)と御利益

スポンサーリンク

萬幡豊秋津師比売命とは

【分類】天津神
【性別】女神

アマテラスとの誓約うけいに勝利したスサノオが高天原に居座り、スサノオの暴挙によって亡くなった神様。

スサノオが神聖な布を織る機屋に皮を剥いだ馬を投げ入れたため、それに驚いて梭(ひ=横糸を通すための道具)が女陰を突いて死んでしまいました。

名前の「萬幡」は多くの織物、「豊秋津」は穀物が豊かに実る秋、「師」技師や織女と言う意味です。

トンボの羽のように薄く立派な織物を表し、上質で美しい布をたくさん作る技師とも考えられます。

5分で読める「古事記」上巻(5)・天岩戸神話
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

織物産業守護、安産、子宝など

祀られている神社

  • 鹽澤神社(福島県二本松市)
  • 須倍神社(静岡県浜松市)※内宮本殿
  • 真清田神社(愛知県一宮市)※摂社の服織神社
  • 伊勢神宮(三重県伊勢市)※内宮の皇大神宮
  • 椿大神社(三重県鈴鹿市)
  • 泉穴師神社(大阪府泉大津市)
  • 機物神社(大阪府交野市)
  • 高橋神社(奈良県奈良市)
  • 池坐朝霧黄幡比売神社(奈良県磯城郡田原本町)
  • 天忍穂別神社(高知県香南市)※境内神社の棚機神社