日本の神様

宇比地邇神(うひぢにのかみ)・須比智邇神(すひぢにのかみ)と御利益




スポンサーリンク

宇比地彌神・須比智彌神とは

【神格】泥土(泥砂)の神
【性別】ウヒヂニ(男神/)・スヒヂニ(女神/)
【分類】天津神

神世七代のうちの一柱。

8番目に現れた、最初の男女ペアの神。

  • 宇=泥
  • 須=砂

の意味。

このニ神によって、混沌とした状態から大地が固まったと想像できます。

神世七代(かみよななよ)
神世七代 神世七代とは、別天津神の後に現れた十二柱の神様のこと。ここで初めて男神と女神が現れます。 最終的に国土が完成し、神を生み増やしていきます。 最初の二代は一柱で一代、その後は二柱で一代と数えて七代としています。 ...

御利益

五穀豊穣、開運招福、生産増大

祀られている神社

  • 二荒山神社(栃木県宇都宮市)※境内の十二社
  • 沙田神社(長野県松本市)
  • 物部神社(島根県大田市)※境内の神代七代社
  • 忌部神社(島根県松江市)
  • 熊野速玉大社(和歌山県新宮市)
  • 宮浦宮(鹿児島県霧島市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker