日本の神様

豊雲野神(とよくもののかみ)と御利益




スポンサーリンク

豊雲野神とは

【神格】豊穣の神
【性別】独神
【分類】天津神

神世七代のうちの一柱。

7番目に現れ、独神として成った後、すぐに身を隠しました。

名前は豊かな雲を表し、雲を神格化した存在とされています。

神世七代(かみよななよ)
神世七代 神世七代とは、別天津神の後に現れた十二柱の神様のこと。ここで初めて男神と女神が現れます。 最終的に国土が完成し、神を生み増やしていきます。 最初の二代は一柱で一代、その後は二柱で一代と数えて七代としています。 ...

御利益

五穀豊穣、無病息災

祀られている神社

  • 二荒山神社(栃木県宇都宮市)※境内の十二社
  • 胸形神社(栃木県鹿沼市)
  • 荒橿神社(栃木県芳賀郡茂木町)
  • 穂見諏訪十五所神社(山梨県北杜市)
  • 埜神社(愛知県豊田市)
  • 大縣神社(愛知県犬山市)※境内の大国恵比須神社
  • 三明神社(愛知県犬山市)
  • 熊野速玉大社(和歌山県新宮市)
  • 物部神社(島根県大田市)※境内の神代七代社
  • 忌部神社(島根県松江市)
  • 宮浦宮(鹿児島県霧島市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker