神話の神様

八十禍津日神(やそまがつひのかみ)・大禍津日神(おおまがつひのかみ)と御利益

スポンサーリンク




八十禍津日神・大禍津日神とは

【分類】国津神
【性別】ヤソマガツヒ(男神)・オオマガツヒ(男神)

イザナギが黄泉国から戻り、禊をした際に汚れた垢から生まれた神様です。

神道において最も嫌われる「穢れ」から生まれているので、厄災の神とされています。

「禍」が厄災、「日」は神霊なので、「厄災の神霊」という禍そのものが名前になっています。

5分で読める「古事記」上巻(3)・三貴子の誕生
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

厄除け

祀られている神社

  • 秩父神社(埼玉県秩父市)※摂社の禍津日社
  • 神部神社(山梨県甲州市)
  • 伊勢神宮(三重県伊勢市)※内宮の荒祭宮
  • 警固神社(福岡県福岡市)
  • 早吸日女神社(大分県大分市)