日本の神様

八十禍津日神(やそまがつひのかみ)・大禍津日神(おおまがつひのかみ)と御利益




スポンサーリンク

八十禍津日神・大禍津日神とは

【神格】厄災の神
【性別】ヤソマガツヒ(男神)・オオマガツヒ(男神)
【分類】国津神
【親】イザナギ

イザナギが黄泉国から戻り、禊をした際に汚れた垢から生まれた神様です。

神道において最も嫌われる「穢れ」から生まれているので、厄災の神とされています。

名前のマガは「厄災」、ツは「の」、ヒは「神霊」で、マガツヒは「厄災の神霊」という意味になります。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の神産み
イザナギ・イザナミは国産みを終えた後、さまざまな神様を生み出しました。 伊邪那岐命・伊邪那美命の間に生まれた神 二神の間には、住居に関わる神、自然に関わる神、生産に関わる神様がたくさん生まれました。 伊...

御利益

厄除け

祀られている神社

  • 秩父神社(埼玉県秩父市)※摂社の禍津日社
  • 神部神社(山梨県甲州市)
  • 伊勢神宮(三重県伊勢市)※内宮の荒祭宮
  • 警固神社(福岡県福岡市)
  • 早吸日女神社(大分県大分市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker