日本の神様

火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)と御利益




スポンサーリンク

火之迦具土神とは

【神格】火の神
【性別】男神
【分類】国津神
【親】イザナギ・イザナミ

イザナギとイザナミが15番目に産んだ神様です。

ヒノカグツチは火の神様ゆえに、イザナミの陰部を焼いてしまいます。それが原因でイザナミが死んでしまうのですが、それを悲しんだイザナギに斬り殺されてしまったという可哀想な神様です。

斬られた血から八柱、遺体から八柱の神様が生まれました。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の神産み
イザナギ・イザナミは国産みを終えた後、さまざまな神様を生み出しました。 伊邪那岐命・伊邪那美命の間に生まれた神 二神の間には、住居に関わる神、自然に関わる神、生産に関わる神様がたくさん生まれました。 伊...

御利益

火災除け、土地の守護、鉱業守護など

祀られている神社

  • 全国の秋葉神社
  • 全国の愛宕神社
  • 全国の野々宮神社
  • 秋葉山本宮秋葉神社(静岡県浜松市)
  • 伊豆山神社(静岡県熱海市)
  • 陶器神社(滋賀県甲賀市)
  • 火男火売神社(大分県別府市)
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker