印旛エリア

坂東三十三観音第28番札所の茅葺仁王門は見る価値あり・滑河観音「龍正院」(千葉県成田市)

スポンサーリンク

龍正院とは

龍正院は天台宗の寺院で、坂東三十三観音霊場第28番札所でもあります。

本尊は十一面観世音菩薩で、通称「滑河なめがわ観音」として親しまれています。

仁明天皇の承和5年(838年)。慈覚大師の開基と伝えられています。

この年の5月、この地域は時ならぬ冷害に見舞われ、人々は飢えに苦しんでいました。

滑河城主・小田将治は凶害に苦しむ人々を救うため、龍正院の十一面観世音に祈願すると、満願の日に「朝日姫」と名乗る少女が現れました。

その少女は、「汝の願いごとかなうべし」と小田川の朝日ヶ淵に案内して姿を消しました。

川には船を浮かべた老僧がいて、川から小さな観音像をすくい上げると将治公に与え、「この渕より湧く水をなめよ」と教えて去っていきました。

そのお告げ通りにお堂を建立して観音像を安置したところ、気候が回復し、豊作となりました。

※小さな観音像は、後に本尊の胎内に納められました。

さすが将治公、藩主の鑑です。佐倉藩主・堀田正信とは大違いです!!

仁王門

仁王門は室町時代の文亀年間(1501年~1504年)に再建されたもので、桃山期の建築様式として国の重要文化財に指定されています。

その佇まいは茅葺き屋根の立派なもので、正面にはしめ縄が飾られています。

でも、お寺なのにしめ縄って珍しいですよね。

実はこれ、江戸時代に門前で火事が発生し、仁王様が火勢を止めたという伝説に由来し、仁王様への感謝と五穀豊穣・子孫半円を願い、毎年1月8日に地元の人々が奉納しているそうです。

阿形像。

吽形像。

本堂

本堂は元禄9年(1696年)、徳川綱吉公の寄進によって再建されたものです。

滑河山の扁額。

観世音の扁額の下には、天人の彫刻が施されています。

天井の左右には美しい迦陵頻伽が描かれていました。

まるで天女ですね。

手水舎

銅造宝篋印塔

芭蕉の句碑と夫婦松の向かいに建てられた塔は、享保3年(1718年)江戸神田の住人「小幡内匠」により鋳造されたものです。

側面には寄進者の名がびっしりと彫られているため、観音信仰がとても盛んだったことがうかがえます。

芭蕉の句碑と夫婦松

夫婦松は赤松の名木です。

句碑は寛政5年(1793年)の銘で、「観音のいらか見やりつ華の雲」と刻まれています。

貞亨3年(1686年)、芭蕉が43歳の時、病気で深川の芭蕉庵に寝ていた時に作った句で、

「はるかに遠く浅草観音の方角に目をやると、遠近一面雲と見まがうばかりの桜が咲き連なって、その中に観音の大屋根だけが黒く小さく眺められる」

という意味が込められています。

ぼけ封じ道祖神

高齢化社会を迎え、ぼけ封じのために中興第二十世が感得した道祖神を彫刻させ、奉祀したものです。

アクセス

龍正院(りゅうしょういん)

  • 住所:千葉県成田市滑川1196
  • 電話:0476-96-0217
  • 駐車場:有
  • 参拝時間:3月~10月(8:00~17:00)、11月~2月(8:00~16:00)
  • 公式サイト:https://www.namegawakannon.jp/

参考資料

御朱印でめぐる千葉のお寺
created by Rinker
千葉 ぶらり歴史探訪ルートガイド
created by Rinker