日本の皇族

建振熊命(たけぶるくまのみこと)と御利益

スポンサーリンク

建振熊命とは

【分類】古代豪族
【性別】男性

5世紀から6世紀にかけて奈良盆地東北部に勢力を持った、古代日本の中央豪族である丸邇臣わにのおみの祖と言われています。

筑紫つくしで出産を終えた神功皇后は、大和やまとに戻る際、御子の命が狙われるのを恐れ、御子が死んだことにして喪船に乗って出航しました。

実は喪船とは偽りで、船内には皇后軍が待機していて、その大将がタケブルクマでした。

タケブルクマの計略により、相手を油断させて反乱軍を壊滅させました。

5分で読める「古事記」中巻(10)・神功皇后の新羅遠征
古事記・中巻 神武天皇の東征 神武天皇の即位 神武天皇の結婚 欠史八代 崇神天皇 垂仁天皇 倭建命の西征 倭建命の東征 倭建命の死 神功皇后の新...

御利益

不明

祀られている神社

不明