カメラコンパクトカメラ

【SONY DSC-WX350】おススメしない3つのがっかり機能とは

長年愛用していたデジカメの調子が悪くなったので、SONYの「DSC-WX350」を購入しました。

ところが、今まで使っていたカメラと同等の金額だったにも関わらず、結果的にはデチューンとなってしまいました。

そこで、このカメラを使ってみて物足りなかった機能を3つ挙げたいと思います。

ソニー SONY Cyber-shot DSC-WX350 コンパクトデジタルカメラ
created by Rinker
スポンサーリンク




撮影モードがカメラまかせで面白みに欠ける

このカメラの撮影モードは、以下の6種類です。

  • P(プログラムオート)
  • 動画(おまかせオート/シーンセレクション)
  • パノラマ撮影
  • シーンセレクション
  • おまかせオート
  • プレミアムおまかせオート

A(シャッター優先モード)、S(絞り優先モード)、M(マニュアル)が無いので細かい調整ができません。

露出補正をする場合はPモードにダイヤルを合わせ、なおかつメニューから撮影設定を開かないと設定ができないので、とても面倒です。

基本はシャッターを押すだけで綺麗な写真が撮れますが、ただそれだけ。

スナップ写真を撮影するには十分ですが、より良い写真を撮るには物足りなさを感じます。

液晶が可動式ではない

液晶が動かないので、ローポジションやハイポジションでの撮影が難しくなります。

また、日差しによって液晶が見えにくくなるので不便です。

オートフォーカスがイラつく

ピント合わせは通常オートなので、自分が合わせたい位置にピントが合いません。

セルフでピントを合わせたい場合は、Pモードで中央を選択する必要があります。

最後に

今まで使っていたCASIOのカメラは使い勝手がよく、A、S、M、Pモードも揃っていました。

ほぼ同じ値段でこのカメラを買ったのに、バカチョン程度の機能しか付いていなくてガッカリです。

この次は、少し高くてもキャノンのカメラを買おうと思います。

キヤノン CANON PSSX720HS コンパクトデジタルカメラ
created by Rinker