神社の参拝方法

どの神社にもある?パワースポットを見つけて強運を身に着けよう

神様パワーは御神体からいただくのが一番いいのですが、神社の御神体は本殿の中にあるため、普段はあまり近づくことができません。

しかし、境内のパワースポットを知っていれば、その神社の神様の力をより一層吸収しやすくなります。

そこで、神社内のパワースポットがどこなのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

パワースポットの目印は境界

神社のパワースポットは境界にあります。

境界とは、ある次元と別次元の境目のことを言います。

鳥居

分かりやすい境目は神社の入り口です。鳥居があの世とこの世の境目を表しています。

※入口が門であれば、境界が門になります。

川や海

境内に流れる川もあの世とこの世の境目で、海岸は海と陸の境目です。

川、海、滝のように、流れがある水には強力な祓いの効果があります。

川や海にかかる橋を渡るだけで、心身がさっぱりするのもそのおかげです。

水が湧く井戸もご利益がありますので、お水取りができる神社では、ぜひ一口いただきましょう。

※私はお水取り用に、たためる携帯コップを持ち歩いています。

山は空と陸の境界です。

山頂にある神社の奥宮は、誰にでもわかるパワースポットと言ってもいいでしょう。

木や岩

大きな木や岩も境界であることが多いです。

日本では万物に神が宿るという考え方がありますが、特に木と石は神の魂が宿りやすいと言われています。

神社では、「大きな木」「巨大な石や岩」にしめ縄をはって「御神木」「御神体」として崇められています。木や石に手をかざしてエネルギーをいただきましょう。

※ご神木は神霊が降臨する目印とされています。

あとがき

私は、千葉神社で写した「福授の亀岩」の写真をスマホの待ち受けにして、お守り代わりにしています。

千葉神社(千葉県千葉市)御由緒・御利益・御朱印
重層社殿 千葉天神 尊星殿 摂末社 千葉神社には、14社の境内社と1社の境外社があります。 境内社 ここで参拝すれば、伏見稲荷大社(京都府)、厳島神社(広島県)、金刀比羅宮(香川県)などの御利益を...