神社の参拝方法

お守りの有効期限は1年って本当?替え時はいつ?

スポンサーリンク

おまもりとは

お守りとは、お札を小型化して持ち歩けるようにした守札まもりふだです。

御守りの中には必ず御神璽ごしんじ(ご神体に相当するもの)が入っていますので、おまもりを持つことにより、いつでもどこでも神様を意識し、より親密に感ずることができるようになります。

おまもりの単位

お守りの単位は「たい」で、1体、2体・・・と数えます。

お守りは神様の御神徳が宿る大切な物ですので、このように神さまを敬った数え方をします。

おまもりの有効期限と替え時

お守りは1年を目安に交換するといいと言われていますが、おまもりに有効期限はありません

したがって、新しくする場合は以下のタイミングでお返ししましょう。

  • 汚れたり破損した時
  • 安産祈願・病気平癒など既に願いが叶った時
  • 役目を終えたと感じた時

※お守りがボロボロになった場合は、新たに頂くよりも先に処分することがオススメです。

おまもりの返納方法

神社のお守りは、神社の古神札納め所に返納しましょう。

大きめの神社であれば常時、それ以外の神社であれば年末年始に用意されています。

多くの神社の納札所では、他の神社のお守りも受け入れているので、購入した神社でなくても大丈夫です。

神社で返納できない場合は塩をふりかけて半紙に包んだあと、可燃ごみに出すか、自宅で焼却しましょう。

最後に

神社に行く機会が増えましたが、ここ数年お守りを頂くことがありませんでした。

今度の初詣には気分を新たにして、My神様の所でお守りを頂きたいと思います。