写真散歩

房総半島の果て。関東平野最南端の「白浜野島崎公園」(千葉県南房総市)

小松寺に行ったついでに、野島崎にも寄ってきました。

私が持つ野島崎のイメージは「地の果て」で、あまりにも遠すぎて簡単には行けない場所が、南房総です。

スポンサーリンク




野島崎とは

野島崎は、関東平野最南端に位置する岬です。

南房総国定公園に含まれる景勝地で、岬一帯は白浜野島崎公園として整備され、太平洋に突き出た地形から、朝日と夕日が見られるニッチな場所です。

白くそびえ立つ野島崎灯台は、登ることができます。

野島崎灯台は、日本に16基ある「のぼれる灯台」のひとつです。

野島崎の海

海沿いにはゴツゴツとした岩がたくさんあり、時々大きな波しぶきを上げています。

九十九里浜と違うワイルドさがあり、まさしく海だな~という感じです。

しかしカメラを構えると、なぜか波が小さくなる・・・。

ラバーズ・ベンチ

高台に設置されたベンチは、行列ができるほどの人気スポットだとか。

ただし、行きつくまでには整備された道はなく、この険しい岩肌を登らなくてはなりません。

したがって登るときは自己責任で。

今までに事故は起きていないようだけど、安全面は大丈夫なんでしょうかねぇ。

私は怖くて登れなかったです。

トビウオの銅像

南房総の千倉地区や白浜地区では、アジ、サバ以外にもトビウオが釣れるそうです。

なら、3匹飾ってあげてよ~。

背景が海になっていたら良かったのになぁ・・・。

その他の一コマ

若い海女の像は右手にサザエを持っていますが、その上に本物のサザエの殻が乗せられていました。

これをやった人、グッジョブです!!

岩肌を割くように咲いていたイソギク。

望遠レンズに交換するのが面倒だったので、ロッククライミングのような態勢で撮った1枚です。

実際は岩の隙間から芽を出していて、根の一部がむき出しになっています。

生命力が強いですね。

でも植物とはいえ、本当は寒いのではないでしょうか?

3台泊まっていた漁船のうちの1台「たかし丸」。

本当はまだ明るかったのですが、日影モードで夕日が沈んだような雰囲気で撮影しました。

海の奥行きを感じていただけたら嬉しいです。

アクセス

白浜野島崎公園(しらはまのじまざきこうえん)

  • 住所:千葉県南房総市白浜町白浜地先
  • 入場料:無料
  • 駐車場:有
  • トイレ:有
  • 公式サイト:無

参考資料

千葉 ぶらり歴史探訪ルートガイド
created by Rinker
ちばの魅力、再発見 ちば観光文化検定公式テキスト
created by Rinker