一眼レフの基本

一眼レフの基本(9)~ざっくり簡単解説「Sモード(シャッター優先AE)」

デジカメ、一眼レフ、ミラーレス一眼の撮影モードの一つである「Sモード(シャッター優先AE)」の要点だけまとめてみました。

スポンサーリンク




Sモード(シャッター優先AE)とは

Sモードとは、自分でシャッター速度を決めると、最適なF値をカメラが自動で決めてくれる撮影モードです。

カメラのモードダイヤルには、「S」や「Tv」と表示されています。

※AE(=Automatic Exposure)は、自動露出を意味します。

Sモード(シャッター優先AE)でできる設定

絞り シャッタースピード ISO感度 露出補正 ホワイトバランスなど
×

Sモード(シャッター優先AE)のメリットとデメリット

メリット

被写体の動きを止めたり、ぶらしたりすることができます。

シャッター速度を遅くするほど写真が明るくなり、動体(人・水・乗り物・自動車の光跡など)がサーっと流れる写真が撮れます。

シャッター速度を早くするほど写真が暗くなり、動体(人・水・乗り物・自動車の光跡など)がピタッと止まったような写真が撮れます。

デメリット

ボケを生かした撮影には向いていません。

シャッター速度が遅いと手ブレしやすくなるので、その場合は三脚が必要です。

明るいシーンでシャッター速度を遅くすると露出がオーバーになったり、暗いシーンでシャッターを遅くすると露出がアンダーになる場合があります。

一眼レフの基本(4)~ざっくり簡単解説「シャッター速度」
デジカメ、一眼レフ、ミラーレス一眼の基礎である「シャッター速度」を要点だけまとめてみました。 シャッター速度とは カメラに光を貯める時間を変えて、被写体の動きをコントロールするのがシャッター速度です。 ...

一眼レフがよくわかる本

すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ
created by Rinker
すずちゃんの理解して学ぶカメラとレンズ
created by Rinker