一眼レフの基本

一眼レフの基本(10)~ざっくり簡単解説「Mモード(マニュアル)」

デジカメ、一眼レフ、ミラーレス一眼の撮影モードの一つである「Mモード(マニュアル)」の要点だけまとめてみました。

スポンサーリンク

Mモード(マニュアル)とは

Mモードとは、自分でF値とシャッター速度とISO感度を決めることで、露出をコントロールする撮影モードです。

カメラのモードダイヤルには、「M」と表示されています。

Mモード(マニュアル)でできる設定

絞り シャッタースピード ISO感度 露出補正 ホワイトバランスなど
×

※カメラによってはISO感度をオートに設定することができます。

Mモード(マニュアル)のメリットとデメリット

メリット

「F値」「シャッター速度」「ISO感度」を自分で決めるので、撮っている感が強くなります。そのため、写真撮影が楽しくなります。

設定を固定できるため、背景の明るさに影響を受けることがなく、同じ場所で構図を変えながら何枚も撮影する場合に適しています。

夜景や星空、滝などの特殊なシーンに強いです。

最近のカメラは性能がいいので、AモードやSモードで撮影してみて、どうしてもイメージと合わないのであればMモードで撮影するというスタンスでもいいと思います。

デメリット

露出の関係を理解していないと使いこなせず、慣れるまでに時間がかかります。

設定項目が多いので写真を撮るまでに時間がかかり、一瞬のチャンスを逃してしまうことがあります。また、シーンによっては失敗写真が増えます。

一眼レフの基本(2)~ざっくり簡単解説「露出と露出補正」
デジカメ、一眼レフ、ミラーレス一眼の基礎である「露出と露出補正」を要点だけまとめてみました。 露出とは 露出とは、カメラに取り込む光の量のこと つまり、露出とは写真の明るさのことです。 この光の量は、「絞り」と「シャッタ...

Mモード(マニュアル)の操作手順

ボケを優先する場合

ISO感度を決める → F値でボケを決める → シャッター速度で明るさを決める

動きを優先する場合

ISO感度を決める → シャッター速度で動きを決める → F値で明るさを決める

屋外晴天であればISO感度は100でOKです。シャッター速度やF値で明るさが調整できない場合は、ISO感度を設定しなおしましょう。

写真撮影シーン別ベストなISO感度の目安
一眼レフ初心者の場合、ISO感度はオートで撮るのがベストです。 しかし、夜景やイルミネーションなどの暗い場所では、必要以上に数値が上がって画質が悪くなることがあります。 そこで、手動で設定する場合のISO感度の目安を紹介...

露出の確認

カメラの液晶画面またはファインダー内に、露出計という目盛りが表示されています。

この目盛りを見ながら「F値」「シャッター速度」「ISO感度」を調整し、適正露出を確保しましょう。

※私が使っているソニーα5100の場合は露出計ではなく、数値のみが表示されます。

露出計の指標は、カメラが適正露出と一致したと判断した場合は「0」を指し、適正露出よりも明るいと判断した場合は「+」方向、暗い場合は「-」方向に移動します。

一眼レフがよくわかる本

すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ
created by Rinker
すずちゃんの理解して学ぶカメラとレンズ
created by Rinker