神話の神様

贄持之子(にえもつのこ)と御利益

スポンサーリンク




贄持之子とは

【分類】国津神
【性別】男神

神武じんむ東征において、イワレビコ(後の神武天皇)一行が熊野から吉野に入り、1番目に出会った神様です。

阿陀あだの鵜飼の祖とも言われています。

ニエモツノコが魚を獲っているところにイワレビコが現れ、名前を聞かれたので「私は国津神で、名前をニエモツノコと申します」と答えてイワレビコ一行を歓迎し、忠誠を誓いました。

名前のニエは「神または天皇に供する貢納物(山野河海の食料品)の一種」を表していて、ニエモツノコで「神や天皇に捧げる食物を持つ者」という意味になります。

5分で読める「古事記」中巻(1)・神武天皇の東征
古事記・中巻 神武天皇の東征 神武天皇の即位 神武天皇の結婚 欠史八代 崇神天皇 垂仁天皇 倭建命の西征 倭建命の東征 倭建命の死 神功皇后の新...

御利益

不明

祀られている神社

不明