日本の神様

火照命(ほでりのみこと)と御利益

スポンサーリンク

火照命とは

【分類】天津神
【性別】男神

ニニギに浮気を疑われたコノハナサクヤビメが、身の潔白を晴らすために火中の中で産んだ三神の長男。海幸彦の名前で知られています。

名前のホは「稲穂」、テリは「赤く熟すること」を表しています。

また、海幸彦には「海の幸を司る神聖な威力を持つ神様」という意味もあります。

ホデリは普段、海で漁をして暮らしていました。

ある日、弟のホオリ(山幸彦やまさちひこ)の提案で釣り竿と弓矢を交換し、ホデリは山、弟は海へ出かけて行きました。二人とも獲物を取ることができなかったので、お互いの道具を返すことにしました。

しかし、弟はホデリが大切にしていた釣り針を海で失くしており、それを知ったホデリは激怒し、弟を許しませんでした。

その後、弟は釣り針を探して返してくれましたが、弟にこらしめられ、忠誠を誓うことになりました。

5分で読める「古事記」上巻(17)・海幸彦と山幸彦
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

航海安全、豊漁、五穀豊穣、厄除け、心願成就など

祀られている神社

  • 潮嶽神社(宮崎県日南市)