人気が高い神様

「八幡さま」祭神・ご利益・所縁の神社

スポンサーリンク

祭神

【祭神】応神おうじん天皇

【別名】誉田別命ほんだわけのみこと品陀和気命ほんだわけのみこと

【神格】文武の神

【総本社】宇佐神宮

応神天皇(おうじんてんのう)と御利益
応神天皇とは 【分類】古代皇族 【性別】男性 【諡号】品陀和気命(ほむだわけのみこと) 【備考】第15代天皇 第14代・仲哀ちゅうあい天皇の第4皇子。 八幡様はちまんさま・誉田別尊ほんだわけのみこととして有名な神様です。...

ご利益

国家鎮護、産業振興、勝運招来、厄難除け、子孫繁栄、家運隆昌、教育、交通安全、悪病災難除けなど

八幡さまとは

第15代・応神天皇は、大陸の文化と産業を輸入し、新しい国づくりを行った天皇です。

応神天皇が八幡伸として信仰されるようになった経緯は明らかではありませんが、「扶桑略記ふそうりゃっき」には以下のように記されています。

※扶桑略記とは、比叡山の学僧・皇円こうえんによって書かれた平安後期成立の歴史書です。

豊前国ぶぜんのくに(大分県)宇佐郡の厩峰うまやみねの麓にある菱形池ひしがたいけのほとりに、鍛冶の翁が住んでいました。その翁が金色の鷹や鳩に変わるのを見たこの土地の神主・大神比義おおがなみよしが翁に3年ほど仕えたある日、もし神ならば私の前に姿を現わしてくださいと祈ると、翁は3歳の童子に姿を変えました。

そして竹の葉の上に立ち、「我は応神天皇であり、護国霊験威身大自在菩薩ごこくれいげんいしんじんだいじざいぼさつなり」と名乗りました。

と書かれていることから、八幡神と応神天皇が結びついたのだろうというのが定説になっています。

八幡信仰は、中世以降になると宇佐八幡宮、石清水八幡宮、鶴岡八幡宮の3社を核として全国に広まりました。

特に、武家の棟梁・源氏の守護神となったことから、各地の武士層から庶民へと浸透していきました。

八幡信仰の源流は、古くからの母子信仰だったと考えられていることから、母神の神功じんぐう皇后を祀る神社も多いです。

日本三大八幡 宇佐神宮(宇佐)、石清水八幡宮(八幡)、筥崎宮(福岡)または鶴岡八幡宮(鎌倉)

商売繁昌から縁結びまで「神社の三大○○」のまとめ
日本三大稲荷 伏見稲荷大社(京都府京都市伏見区) 笠間稲荷神社(茨城県笠間市)または豊川稲荷(愛知県豊川市) 祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市) 【祭神】宇迦之御魂神 【総本社】伏見稲荷大社 【神格...

代表的な神社

  • 宇佐神宮(大分県宇佐市南宇佐2859)
  • 石清水八幡宮(京都府八幡市八幡高坊30)
  • 筥崎宮(福岡県福岡市東区箱崎1丁目22-1)
  • 鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1番31号)
  • 函館八幡宮(北海道函館市谷地頭町2-5)
  • 代々木八幡宮(東京都渋谷区代々木5丁目1-1)
  • 安江八幡宮(石川県金沢市此花町11-27)
  • 平濱八幡宮(島根県松江市八幡町303)