観光千葉エリア

都市部のオアシスは梅の名所「千葉県立青葉の森公園」(千葉県千葉市)

スポンサーリンク

千葉県立青葉の森公園とは

青葉の森公園は、1987年に開園した千葉市中央区にある都市公園です。

農林水産省畜産試験場の跡地を利用して建設され、面積は53.7ヘクタールと、東京ディズニーランドとほぼ同じ広さがあります。

園内は4つのゾーン(レクリエーションゾーン・カルチャーゾーン・ネイチャーゾーン・スポーツゾーン)で構成されており、梅や桜の名所として有名です。

東屋付近

東屋から見える梅林。

仲良し3人組が、楽しくおしゃべりしながら梅を愛でていました。

天気も景色もよく、話が一層弾んでいるようでした。

開花の様子

満開ではないものの、早咲きの梅がほぼ見頃を迎えていました。

梅園には32品種、約400本の紅梅・白梅が植えられています。

梅の花は1月下旬から3月上旬までが見ごろですが、今年は寒いせいか、見ごろは3月上旬のようです。

種類によって開花の時期が違うせいか、紅梅の方が多く植えられているような雰囲気でした。

タイミングが良いと、もっと美しい紅と白のコントラストが見られると思います。

はらっぱの梅

数年前に立ち寄った時は、はらっぱ(ネイチャーゾーン)にも梅園があったのですが、それが無くなっていました。

その理由は、はらっぱに新千葉県立図書館等複合施設を整備するためで、既存の樹木は園内の別の7ヶ所に移植したとのことです。

少し足を延ばさなくてはなりませんが、見れるとのことで安心しました。

詳細 移植場所はこちらで確認できます。

アクセス

千葉県立青葉の森公園(ちばけんりつあおばのもりこうえん)

  • 住所:千葉県千葉市中央区青葉町
  • 入場料:無料
  • 駐車場:有(普通車:4時間まで300円、4時間を超え8時間まで600円、以降1時間ごとに100円増)
  • トイレ:有
  • 公式サイト:https://www.cue-net.or.jp/kouen/aoba/

※梅園に一番近い駐車場は、北口駐車場となっています。

参考資料

千葉 ぶらり歴史探訪ルートガイド
created by Rinker
ちばの魅力、再発見 ちば観光文化検定公式テキスト
created by Rinker