日本の神様

木俣神(きのまたのかみ)と御利益

スポンサーリンク

木俣神とは

【分類】国津神
【性別】不明

オオクニヌシの最初の妻であるヤガミヒメとの間に生まれた神様。

正妻のスセリビメの嫉妬を恐れた母親が、子を木の俣に刺し挟んで実家に帰ってしまったことから、キノマタノカミと名付けられました。

5分で読める「古事記」上巻(11)・八千矛神の恋愛
古事記・上巻 天地のはじまり 神生みと黄泉国 三貴子の誕生 天照大御神の誓約 天岩戸神話 五穀の誕生 ヤマタノオロチ 因幡の白うさぎ 大穴牟遅神の死 ...

御利益

安産

祀られている神社

  • 気多若宮神社(岐阜県飛騨市)
  • 御井神社(岐阜県各務原市)
  • 御井神社(岐阜県養老郡養老町)
  • 津田神社(三重県多気郡多気町)
  • 大井神社(京都府亀岡市)
  • 五百井神社(滋賀県栗東市)
  • 御井神社(奈良県宇陀市)
  • 御井神社(兵庫県養父市)
  • 御井神社(島根県出雲市)