カメラ・レンズ・アクセサリー

フィルター交換をスムーズにするためのレンズフィルターケースの使い方

最近、レンズフィルターの枚数が増えたので、フィルターケースを購入しました。

そこで、3枚入りのケースに3枚入れて持ち歩いたのですが、それが後々面倒なことになるとは思ってもいませんでした。

なぜなら、フィルター交換時に、外した保護フィルターの置き場所が無いことに気づいたからです。

仕方ないので、外したフィルターを一時的にカメラバッグに入れ、別のフィルターをレンズに付けた後に保護フィルターを入れることにしました。

すると、フィルターがバッグの奥底に潜り込み、探すのにかなり手間がかかりました。フィルターに傷が付かなかったから良かったですが、作業が終わるまでにかなりの時間がかかりました。

そこで、フィルター交換を要領よくするためのレンズフィルターケースの使い方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

レンズフィルターケースの使い方

レンズフィルターケースは、1枚分を開けて(3枚用であれば2枚しか入れない状態で)使いましょう。

その理由は、フィルター交換時に外した保護フィルターの置き場所に困るからです。

レンズから外した保護フィルターを最初からケースの空きスペースに入れておけば、「落とす」「無くす」のを防ぎ、スムーズにフィルター交換ができるようになります。

ただし、レンズ保護フィルターを使っていない場合は、フィルターケースに空きスペースを作る必要はありません。

レンズフィルターケース 3枚用 フィルター径最大82mm対応
created by Rinker

最後に

折り畳みタイプのフィルターケースは場所をとるので、コンパクトで、ベルトに取り付けられるフラップやフックが付いたケースの方が、フィルター交換がもっと楽になると思います。

Kenko COMODO フィルターケース mini ブラック 4枚収納 82mmまで対応
created by Rinker