観光香取エリア

千葉の小江戸でカメラ散歩「佐原の街並み」(千葉県香取市)

「Nikon D3300」で、初めて街ぶら写真を撮ってきました。

今回はズームレンズを封印し、単焦点レンズのみで撮影したのですが、切り取りが難しいですね。

どうしても近寄れず、余分に写ってしまった個所は、トリミングで調整するしかないということを知りました。

スポンサーリンク

佐原の街並み

佐原の街並みは倉敷よりも規模が小さいですが、小江戸の雰囲気が感じられます。

昔は水運業で栄え、江戸の文化を取り入れつつも独自の文化を発展させてきました。

現在では小野川沿岸や香取街道にその面影を残し、関東で初めて「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。

ここでは、昔からの家業を引き継いで今も営業を続けている商家が多く、「生きている町並み」として評価されています。

所々に干支を模したオブジェや、縁起が良い置物などが置かれていて、街ゆく人を楽しませてくれます。

樋橋

樋橋とよはしは、伊能忠敬旧宅前にある小野川にかかる橋です。

もともとは、農業用水を水田に送るために作られた大きな樋で、その上に板を渡して人が通るようになりました。

※樋とは、水を流すための装置です。

この樋から流れ落ちる水の音から、ジャージャー橋(じゃあじゃあ橋)とも呼ばれています。

午前9時から午後5時まで30分間隔で落水し、その水音を聞かせてくれます。

この風情ある水音は、環境省の「日本の音風景100選」に選ばれています。

川岸通りのレトロ風景

2013年に日本テレビで放送された「東京バンドワゴン」のロケに使われたカフェ。

伊能忠敬の子孫の方が経営している遅歩庵いのうというお店です。

ワーズワースはイタリアンレストラン。

このレトロなフォントがいいですね。

その他にも、江戸・明治・大正・昭和が融合したノスタルジーを感じる建物がたくさんあります。

並木仲之助商店は和紙やお香などを取り扱うお店です。

暖簾が粋ですね。

佐原商家町ホテル「NIPPONIA」。

小江戸の町に馴染んでいるので、ぱっと見はホテルの感じがしません。

以前、かりそめ天国で四千頭身・後藤さん一家が泊まったホテルでもあります。

カフェ 寝た芋の立て看板。

香取は千葉県有数の米処でもありますが、さつま芋も有名です。

子供の頃は、ジュースは瓶入りが当たり前だったなぁ。

お店はお休みだったみたい。

ガラスに映るリフレクションがいい感じ。

アクセス

佐原の街並み(さわらのまちなみ)

  • 住所:千葉県香取市佐原イ(小野川・川岸通り)
  • 駐車場:有(有料)
  • トイレ:有
  • 公式サイト:旅なび!佐原(水郷佐原観光協会)

参考資料

千葉 ぶらり歴史探訪ルートガイド
created by Rinker
ちばの魅力、再発見 ちば観光文化検定公式テキスト
created by Rinker