手ぬぐい

mitariiの手ぬぐい「鳥屋野の雀」

ずっとにじゆら(ナカニ)の手ぬぐいが気になっていたのですが、他のブランドよりも少し高いんですよね。

しかし、mitarii(ミタリ)オリジナル手ぬぐいはにじゆらとのコラボで、なおかつ値段も手ごろ。

ということで、にじゆらデビューしちゃいました。

組み立て時間わずか30秒!!人気の「手ぬぐい用タペストリー棒」は安くて有能です
飾り用の手ぬぐいを買わない私ですが、一目惚れして買った1枚があったので、思い切ってタペストリー棒を買いました。 通販でお取り寄せしたのですが、想像以上に使い勝手が良かったのでビックリしました。 パーツ ...
スポンサーリンク




鳥屋野の雀の手ぬぐい

新潟市内にある鳥屋野潟公園の木々に遊ぶ雀たちをデザインしています。

他の手ぬぐいよりも生地が少し薄いものの、普段使っている岡生地の洗顔手ぬぐいのような触り心地でした。

染めはさすがにじゆらです。

濃すぎず薄すぎず、ゆらいだ優しい色合い、可愛さの中に大人っぽさもある落ち着いた雰囲気なのもポイントです。

はじめてのにじゆらとして、申し分ない手ぬぐいだと思います。

開運ポイント

雀は冬になると、寒さをしのぐために羽根を立てたり寝かせたりして、羽毛の中の体温を調整します。

そのため羽毛が膨らみ、ふわふわと丸い見た目になります。

まるまるした雀を「ふくらすずめ」と呼び、豊かさや繁栄を象徴する縁起物として、昔から多くの人々から愛されてきました。

当て字で書くと「福来雀」「福良雀」。福が来る、良い福をもたらすという意味が込められています。

雀はもともと厄をついばむとされ、一族繁栄・家内安全の象徴とも言われています。

あとがき

白地の手ぬぐいが増えてきたので、カラフルなものも欲しくなってしまいました。