日本の皇族

本牟都和気命(ほむちわけのみこと)と御利益

スポンサーリンク

楽天スーパーセール開催中(6/4・20:00~6/11・01:59)

本牟都和気命とは

【分類】古代皇族
【性別】男性

第11代・垂仁すいにん天皇とサホビメの間に生まれた御子。

ホムチワケは大人になっても口がきけなかったので、母親が天皇を裏切った罪が子に及んだと思われていました。

ある日、空を飛ぶ大白鳥を見て何か言いそうだったので、その白鳥を捕獲してホムチワケの前に連れてきましたが、ホムチワケは何も言いませんでした。

ある晩、天皇は夢の中で「私の宮を大きく造り直せば、御子は話せるようになる」と、神のお告げを受けました。

占いで、神様がオオクニヌシだとわかり、早速ホムチワケを出雲で参拝させました。

すると、ホムチワケは話せるようになり、帰り道でヒナガヒメとの結婚もしました。

しかし、ヒナガヒメの正体が蛇だったので、恐れおののいたホムチワケは、大和へ逃げ帰ってしまいました。

その後、ホムチワケが話せるようになったことを喜んだ天皇は、出雲大社を改築させています。

5分で読める「古事記」中巻(6)・垂仁天皇
古事記・中巻 神武天皇の東征 神武天皇の即位 神武天皇の結婚 欠史八代 崇神天皇 垂仁天皇 倭建命の西征 倭建命の東征 倭建命の死 神功皇后の新...

御利益

五穀豊穣、家運隆昌、緒難消滅、厄払い

※富能加神社のご利益より

祀られている神社

  • 富能加神社(島根県出雲市)