日本の皇族

軽大郎女(かるのおおいらつめ)と御利益

スポンサーリンク

軽大郎女とは

【分類】古代皇族
【性別】女性

第19代・允恭いんぎょう天皇の第2皇女。

同母兄・カルノミコと道ならぬ恋に落ちたため(母が同じ兄妹が男女の関係を持つことはタブーであった)、兄は伊予いよの湯(道後温泉)に流されてしまいました。

伊予に向かい、兄と再会を果たすと、そのまま共に自害しました。

5分で読める「古事記」下巻(5)・軽太子の禁断の恋
古事記・下巻 仁徳天皇の仁政 石之日売の嫉妬 墨江中王の反乱 允恭天皇の改革 軽太子の禁断の恋 安康天皇の過ち 雄略天皇の即位 雄略天皇の物語 意祁命...

御利益

不明

祀られている神社

  • 軽之神社(愛媛県松山市)