写真の撮り方

写真撮影シーン別ベストなISO感度の目安

一眼レフ初心者の場合、ISO感度はオートで撮るのがベストです。

しかし、夜景やイルミネーションなどの暗い場所では、必要以上に数値が上がって画質が悪くなることがあります。

そこで、手動で設定する場合のISO感度の目安を紹介したいと思います。

一眼レフの基本(5)~ざっくり簡単解説「ISO感度」
デジカメ、一眼レフ、ミラーレス一眼の基礎である「感度」を要点だけまとめてみました。 ISO感度とは カメラのセンサー(撮像素子)が、光をとらえる能力を数値化したもの。 電子的に光を増幅できるので、光が少ない暗い場所でも撮影する...
スポンサーリンク




撮影シーン別ベストなISO感度の目安

ISO感度 シーン
ISO 100~200 明るい屋外や長時間露光
ISO 200~400 曇りの屋外や日陰
ISO 400~800 雨の日や室内
ISO 800~1600 薄暗い室内
ISO 800~1600 夜間や暗い室内

ISOオートの上限設定機能を使うのもアリ

ISO感度をオートにした場合、カメラが自動的に設定する感度の上限値を決めることができます。

上限値を設定しておくことで、画質の低下を許容できる範囲で写真を撮ることができるのでとても便利です。

※ISOオートの上限設定ができないカメラもあります。

一眼レフがよくわかる本

すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ
created by Rinker
すずちゃんの理解して学ぶカメラとレンズ
created by Rinker