日本の皇族

反正天皇(はんぜいてんのう)と御利益

スポンサーリンク

反正天皇とは

【分類】古代皇族
【性別】男性
【諡号】水歯別命(みずはわけのみこと)
【備考】第18代天皇

第16代・仁徳にんとく天皇の第3皇子。

同母兄・スミノエが反乱を起こしたため、第17代・履中りちゅう天皇を助けに行ったところ、スミノエを暗殺するよう天皇から命を受けました。

そこで、スミノエ側近のソバカリに大臣の位を与えると言って、スミノエを殺させました。

ソバカリに大臣の位を授けた後、2人はねぎらいの酒を酌み交わし、ソバカリの頭が大きな杯で隠れた隙に、剣で首を切り落としました。

履中天皇の跡を継いで即位すると、60歳で亡くなりました。

反正天皇は皇后を置かず、子孫は天皇とならなかったので、同母弟・オアサツマ(第19代・允恭いんぎょう天皇)が後を継いでいます。

ちなみに、反正天皇は身長が約3m、歯の長さが3cm、広さが4mmと上下等しく整っていたので、歯を褒めたたえて「水歯別」という名前になっています。

5分で読める「古事記」下巻(3)・墨江中王の反乱
古事記・下巻 仁徳天皇の仁政 石之日売の嫉妬 墨江中王の反乱 允恭天皇の改革 軽太子の禁断の恋 安康天皇の過ち 雄略天皇の即位 雄略天皇の物語 意祁命...

御利益

家内安全、厄除、歯と健康など

祀られている神社

  • 柴籬神社(大阪府松原市)