写真の撮り方

たった300円で出来た!!100均の木板でインスタ映えするオシャレな撮影テーブルを作る方法

普段物撮りをすることは殆どありませんが、記事に必要な物を室内で撮影することがあります。

撮影台として使っているニトリの折り畳みテーブルは使い勝手は良いものの、写りが悪くてちょっとダサい・・・(上の写真がそうです)。

そこで、100均のDIYコーナーで売っている板を購入し、映えるテーブルを作ってみました。

ニトリ 折り畳みハイテーブル [幅50cm]
created by Rinker
スポンサーリンク




用意するもの

  • セリアの木板(焼き目付)

※今回は3枚で作りましたが、必要な枚数を購入して下さい。

焼き目付木板のサイズは「45cm×15cm」「45cm×9cm」の2種類があります。

テーブルの作り方

単純に、撮影する机やテーブルに並べて置くだけです。

もちろん、畳やカーペットの上でも構いません。

切ったり貼ったりという面倒な作業が無いので、超簡単に出来上がります。

テーブルのメリット

組み立てないので、使い終わったらコンパクトにまとめられます。

1枚自体がそれほど大きくないので、省スペースで収納できます。

テーブルのデメリット

軽く触れるとずれる場合があります。

木板購入時の注意点

板が反っていないか、木目が綺麗かどうかを確認してから購入しましょう。

実際に撮影してみた

私が撮影に使っているテーブルの天板に合わせて、15cm幅の板を3枚並べました。

試しに愛用のミラーレス一眼を乗せ、近寄って撮影すると良い雰囲気に。白天板に比べるとぐっとお洒落な1枚になりました。

撮影テーブルは45cm×45cm×の正方形になりましたが、小物やスイーツ、一品料理などにはピッタリのサイズだと思います。

コーヒーカップだとこんな感じ。

精進料理風の地味ご飯ですが、美味しそうな雰囲気になりました。

メインがごぼうご飯だったので、他のおかずはぼかしています。

最後に

100均のDIY材料でも、工夫次第で立派な撮影グッズになるんですね。

最初はニトリでヴィンテージ風のテーブルを買うか、ホームセンターでそれっぽい板を買おうと思っていましたが、たまたま立ち寄ったセリアで探してみて良かったです。

ダイソーにはヴィンテージ風の板が無かったので、気になる方はセリアに足を運んでくださいね。

一眼レフがよくわかる本

すずちゃんのはじめてのカメラとレンズ
created by Rinker
すずちゃんの理解して学ぶカメラとレンズ
created by Rinker