レタッチ

人気の無料スマホアプリ「Snapseed」でインスタ映え!!写真をゆるふわレトロに加工する方法

レタッチソフトといえばAdobeの「Lightroom(ライトルーム)」が有名ですが、ほんのちょっとの修正のために毎月1,000も払えないというのが本音です。

その代わりに、スマホアプリ「Snapseed(スナップシード)」を使ってみたのですが、完全無料なのに高機能、しかもライトルームよりも操作が簡単で驚きました。

そこで今回は、写真を「ゆるふわレトロ」にする方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

加工前・加工後

使用機材

【中古】 Nikon D3300 ボディ ブラック
created by Rinker
Nikon カメラレンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G APS-C用
created by Rinker

今回使うツール

今回は、「画像調整」「グラマーグロー」の2種類を調整します。

レタッチ方法

画像調整

  • 明るさ:+60
  • コントラスト:-100
  • シャドウ:+100
  • 色温度:+20

コントラストで明暗差を無くし、シャドウで影を薄く、色温度で赤みを足して、柔らかでくすんだ雰囲気にしました。

グラマーグロー

  • グラマーグロー:1
  • グロー:+80

グローは光という意味で、プラス補正で光を放っているようにしました。

最後に

青々しい空で輪郭がくっきりとした道路標識が、優しくてどこか懐かしい雰囲気に変わりました。

仕上がりも上々で、これならInstagram、Twitter、Facebook、ブログなどに十分対応できます。

いいね!やフォロワーを増やしたいなら、「Snapseed」を使う価値は大いにアリですよ。

ともかくカッコイイ写真が撮りたい!
created by Rinker