日本の神様

八十神(やそがみ)の迫害と大国主神(おおくにぬしのかみ)にまつわる神々

スサノオの6代孫にあたるオオナムチが、いくつもの試練を乗り越えてオオクニヌシとなるまでのお話第2段「八十神の迫害」編です。




スポンサーリンク

オオナムチ、ヤソガミに逆恨みされる

ヤソガミはヤガミヒメにこっぴどく振られた挙句、姫がオオナムチと結婚すると言い出したものだから、ヤソガミはオオナムチを恨み、彼を殺すことにしました。

八十神(やそがみ)と御利益
八十神とは 【神格】不明 【性別】男神 【分類】国津神 【親】アメノフユキヌノカミ ヤソガミはオオクニヌシの兄にあたる神様達ですが、彼らは性格がとても悪く、オオナムチをいじめ抜いています。母親は不明。 因幡の美しい姫君に...

1度目の殺害と蘇生

ヤソガミはオオナムチを伯岐国手前の山麓につれて来ると、「赤い猪がこの山にいる。我々が一斉に追い下ろすから、お前は待ち受けてそれを捕えよ」と命令しました。

オオナムチが待ち構えていると、ヤソガミは猪に似た大石を火で焼いて転がし落とし、それを受け止めようとしたオオナムチは火に焼かれて死んでしまいました。

オオナムチの母親であるサシクニワカヒメは、息子の死を悲しみ、高天原のカミムスヒに救いを求めました。

そして、カミムスヒが遣わしたキサガイヒメとウムギヒメの治療でオオナムチは生き返りました。

神様
1 女神 きさ貝比売(きさがいひめ)※きさの字は「討」の下に「虫」
2 女神 蛤貝比売(うむぎひめ)
神産巣日神(かみむすひのかみ)と御利益
神産巣日神とは 【神格】穀物生成の神 【性別】独神 【分類】別天津神 造化三神のうちの一柱。 3番目に現れ、神として成った後、しばらくして姿を隠しました。 出雲大社との関りが強く、出雲の神々の親神的存在として崇拝され...

2度目の殺害と蘇生

オオナムチが生き返ったことを知ったヤソガミは、再び殺害を実行。

ヤソガミは森の大木を縦に割り、木がY字になるように両側から枝を引っ張ると、割れ目にオオナムチを無理やり立たせました。

しなった枝を一斉に離すと、挟まれたオオナムチは圧死してしまいました。

母親のサシクニワカヒメは泣きながら息子を探し出すと、木を裂いて引っ張り出し、今度は自力で生き返らせました。

オオナムチ、身を隠す

このままでは我が子がヤソガミに殺されてしまうと危惧したサシクニワカヒメは、オオナムチを木の国のオオヤビコの元へ行かせました。

しかし、ヤソガミが追ってきてオオヤビコにオオナムチの引き渡しを要求しました。

オオヤビコはオオナムチを逃がし、スサノオがいる根の国に向かわせました。

大屋毘古神(おおやびこのかみ)と御利益
大屋毘古神とは 【神格】家屋や木を司る神 【性別】男神 【分類】国津神 【親】イザナギ・イザナミ イザナギとイザナミが6番目に産んだ神様です。 大=美称 屋=屋根 と考えられ、屋根が完成して住居ができあが...
須佐之男命(すさのおのみこと)と御利益
建速須佐之男命とは 【神格】海神、嵐神、農耕神 【性別】男神 【分類】国津神 【親】イザナギ イザナギが黄泉国から戻って禊をした際、洗った鼻から生まれた神様です。 三貴神の末っ子で、アマテラスとスサノオの弟になります。 ...

あとがき

ヤソガミは、殺人を犯すだけシンデレラの継母よりもタチが悪いです。

まあ、最後に天罰が下る訳ですが、それはまだまだ先の話です。

ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker