日本の神様

高天原を追放されたスサノオのその後。ヤマタノオロチ退治に関わる神々

高天原を追放されたスサノオは、地上に降り立ち、ヤマタノオロチを退治して妻を娶ります。




スポンサーリンク

スサノオ、葦原中国を放浪する

髪とヒゲを切り、手と足の爪をすべて剥がされ、高天原を追放されたスサノオは地上をさ迷いました。

お腹が空いていたスサノオは、オオゲツヒメの神殿を発見。食べ物を求めると、彼女はたくさんご馳走してくれました。オオゲツヒメが口、鼻、お尻から出した食物を調理している姿を見たスサノオは、汚いものを食べさせられたと怒り、オオゲツヒメを切り殺してしまいました。

スサノオ、泣いている老夫婦に出会う

スサノオはさらにさ迷い、出雲国の斐伊川上流の鳥髪(現在の奥出雲町鳥上)にたどり着きました。上流へ向かうと1人の娘を挟んで泣いている老夫婦を発見しました。

訳を聞くと「ヤマタノオロチに毎年1人ずつ娘が食べられてしまい、8人いたうち最後に残った末娘も食べられてしまう」ので泣いていたのでした。

泣いていた老夫婦

神様
1 男神 手名椎神(てなづちのかみ) 女神 足名椎神(あしなづちのかみ)

夫婦の末娘

神様
1 女神 櫛名田比売命(くしなだひめのみこと)

オロチ退治

スサノオは、娘との結婚を条件にオロチ退治を買って出ました。

最初、テナヅチとアシナヅチは不審に思いましたが、スサノオがアマテラスの弟と知ると喜んで承諾し、クシナダをスサノオに差し出しました。

退治の準備

  • クシナダを守るため、彼女を爪櫛の姿に変えて髪にさす
  • 8回も繰り返して醸造した強い酒を造る
  • 垣根に8つの門を作る
  • 門ごとに8つの棚を作って酒を置く

オロチ登場

オロチが物凄い地響きを立てやってくると、8つの門にそれぞれの頭を入れました。

ガブガブとお酒を飲むと、いびきをかきながら眠り始めました。

いざ退治

スサノオはぐっすり眠ってしまったオロチに刀で切りかかり、体を切り刻みました。

刀がオロチの尻尾に差しかかった時に何かが刃先に当たったので、中を裂いてみると剣が出てきました。

※この剣は草薙剣(くさなぎのつるぎ)で、後にアマテラスに献上しています。

オロチを退治したスサノオはクシナダを妻とし、出雲に宮殿を建てて一緒に暮らしました。

その後、二神の間にはたくさんの子供が生まれ、娘のスセリビメはオオクニヌシの妻となりました。

ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker