人気が高い神様

「お諏訪さま」祭神・ご利益・所縁の神社

スポンサーリンク

祭神

【祭神】建御名方神たけみなかたのかみ

【別名】武南方神たけみなかたのかみ

【神格】狩猟・農耕神、軍神、五穀豊穣の神

【総本社】諏訪大社

建御名方神(たけみなかたのかみ)と御利益
建御名方神とは 【分類】国津神 【性別】男神 国譲りに反対し、タケミカヅチに力比べを挑むものの、一瞬で捻りつぶされてしまいました。 最後は信濃の諏訪湖に追い詰められ、この地から一歩も出ないこと、オオクニヌシやコトシロヌシに背...

ご利益

武芸上達、スポーツ上達、農業守護、五穀豊穣、国土安穏、盛業繁栄、交通安全、開運長寿、武運長久など

お諏訪さまとは

建御名方神は大国主神おおくにぬしのかみの息子で、国譲りに反対し、最後まで抵抗しました。

天照大御神あまてらすおおみかみの使者・建御雷之男神たけみかづちのおのかみと戦って敗れると、信濃国しなののくに州羽すわの海(諏訪湖)に逃れましたが、追ってきた建御雷之男神に殺されそうになり、降参して国譲りに同意しました。

その後、州羽の地から絶対に出ないことを約束して、諏訪湖のほとりに隠棲しました。

※古事記の内容を見るとイメージが悪いですが、これは大和朝廷と地方勢力の政治的な対立を反映した神話であるとも言われています。

建御名方神は古くから狩猟神として信仰されてきました。

狩猟で使う弓矢などの武器に宿る精霊ということから連想され、軍神としての信仰が始まったと言われています。

武勇の神、軍神としての名声は、平安時代には既に広まっており、坂上田村麻呂さかのうえのたむらまろが奥州征討に向かう途中、諏訪大社で戦勝を祈願して戦場に向かったところ、諏訪神の化身の兵が参陣し、その神威を発揮して敵を打ち破ったという絵詞が残っています。

また、山の神として狩猟を守り、水源の神(田の神)や風の神として農業を見守ることから、地元の人々の生活に深く関係した神霊の姿が、お諏訪さまの原像とされています。

商売繁昌から縁結びまで「神社の三大○○」のまとめ
日本三大稲荷 伏見稲荷大社(京都府京都市伏見区) 笠間稲荷神社(茨城県笠間市)または豊川稲荷(愛知県豊川市) 祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市) 【祭神】宇迦之御魂神 【総本社】伏見稲荷大社 【神格...

代表的な神社

  • 諏訪大社
  • 上社・本宮(長野県諏訪市中洲宮山1)
  • 上社・前宮(長野県茅野市宮川2030)
  • 下社・春宮(長野県諏訪郡下諏訪町193)
  • 下社・秋宮(長野県諏訪郡下諏訪町5828)