日本の神様

国造りと大国主神(おおくにぬしのかみ)にまつわる神々

お嫁さんをもらったし、ヤソガミも退治したからそろそろ国造りに本腰を入れて取り組みたいオオクニヌシですが、何をどうしたら良いのやら。

そこにタイミングよく、二柱の神様が現れます。




スポンサーリンク

オオクニヌシ、国造りに悩む

オオクニヌシが国造りに悩んでいたある日、出雲の美保岬で小さな神様を見つけました。

蛾の衣をまとった神様は一寸法師のように小さく、ガガイモの実を削った10cmほどの船に乗って海の彼方からやってきました。

「あなたは誰?」

名前を聞いても神様は答えず、自分の従者に聞いても誰もわからないと言うばかり。

道端にいたタニグク(ヒキガエルの神)に聞いたところ、クエビコ(カカシの神)なら知ってるよと教えてくれたので、早速聞いてみました。

スクナビコナ、国造りの仲間になる

「その神は、カミムスヒの息子のスクナビコナだよ」とタニグクが言ったので、オオクニヌシはスクナビコナを連れてカミムスヒの元を尋ねました。

カミムスヒは指の隙間から落っこちた自分の息子だと認め、スクナビコナに国造りを手伝うように命じました。

二神は協力して葦原中国の国造りを行いましたが、スクナビコナは途中で常世の国に行ってしまいました。

救世主オオモノヌシ現る

スクナビコナがいなくなって困り果てていたオオクニヌシの元に、海を照らしながら神様がやってきました。

神様はオオモノヌシと名乗り、「自分はオオクニヌシの御霊の分霊で、自分を丁寧に祀ってくれれば国造りに協力しよう」と言いました。

大和の三輪山の上にオオモノヌシを祀ると、どんどん土地が豊かになって作物が育つようになりました。出雲国は短期間で繁栄し、徐々に国が潤っていきました。

あとがき

やっと平和な国が出来上がったと思ったら、今度はアマテラスから横槍が入ります。

アマテラスは葦原中国は天津神が治めるべきだと言い出したため、「国津神」VS「天津神」の仁義なき戦いが始まります。

ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker