日本の神様

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の国産み

イザナギとイザナミの二神は、ふよふよと漂っていた大地を完成させるよう、別天津神たちに命じられ、日本列島と島々を生み出しました。これを国産みと言います。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)と御利益
伊邪那岐命・伊邪那美命とは 【神格】日本の国土・万物を生み出した夫婦神 【性別】伊邪那岐命(男神/兄)・伊邪那美命(女神/妹) 【分類】天津神 神世七代のうちの一柱。 12番目に現れた、男女ペアの神。 日本神話で一番...




スポンサーリンク

オノゴロ島

二神は天浮橋に立ち、別天津神たちから頂いた天沼矛(あめのぬぼこ)で海ををかき混ぜました。

すると矛から落ちてきた雫が積もり、オノゴロ島になりました。

水蛭子(ひるこ)と淡島(あわしま)

オノゴロ島に降り立った二神は結婚し、天の御柱と広大な殿舎を建て、初めて男女の性交を行いました。女性であるイザナミの方から誘ったため(正しくは男性から誘わなければならない)、生まれたヒルコは不具の子でした。そんな我が子を葦船(あしぶね)に乗せ、海の彼方に流してしまいました。

その次に生まれたアワシマも不具の子であったため、二神の子供として数えていません。

蛭子神(ひるこのかみ)と御利益
蛭子神とは 【神格】海の神、漁業・商業・市場・農業の神 【性別】不明 【分類】国津神 【親】イザナギ・イザナミ イザナギとイザナミの最初の子ですが、子の数には入っていません。 性交の儀式の失敗により未熟な形をして生まれ、...
淡島神(あわしまのかみ)と御利益
淡島神とは 【神格】女性にまつわる事柄に霊験のある神 【性別】不明 【分類】国津神 【親】イザナギ・イザナミ イザナギとイザナミの2番目の子ですが、子の数には入っていません。 ヒルコと同様に不具の子だったため、葦船に乗せ...

島産み

ここから本格的な日本列島が作られます。

大八島

大八島(おおやしま)とは、最初に作られた以下の八つの島のことを指します。

その当時、日本を大八島国(おおやしまのくに)と呼んでいました。

淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけのしま)

現在の淡路島。

伊予之二名島(いよのふたなのしま)

現在の四国。

  • 愛比売(えひめ)-伊予国
  • 飯依比古(いいよりひこ)-讃岐国
  • 大宜都比売(おおげつひめ)-阿波国
  • 建依別(たけよりわけ)-土佐国

隠伎之三子島(おきのみつごのしま)

現在の隠岐島。

筑紫島(つくしのしま)

現在の九州。

  • 白日別(しらひわけ)-筑紫国
  • 豊日別(とよひわけ)-豊国
  • 建日向日豊久士比泥別(たけひむかいとよくじひねわけ)-肥国
  • 建日別(たけひわけ)-熊曽国

伊伎島(いきのしま)

現在の壱岐島。

津島(つしま)

現在の対馬。

佐度島(さどのしま)

現在の佐渡島。

大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま)

現在の本州。

その他の六島

八島が出来上がり、二神が続けて産んだ6島です。

吉備児島(きびのこじま)

現在の児島半島。

※半島となったのは江戸時代です。

小豆島(あずきじま)

現在の小豆島。

大島(おおしま)

現在の屋代島(周防大島)。

女島(ひめじま)

現在の姫島。

知訶島(ちかのしま)

現在の五島列島。

両児島(ふたごのしま)

現在の男女群島。

ここで国産みが終わり、神産みへと続きます。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の神産み
イザナギ・イザナミは国産みを終えた後、さまざまな神様を生み出しました。 伊邪那岐命・伊邪那美命の間に生まれた神 二神の間には、住居に関わる神、自然に関わる神、生産に関わる神様がたくさん生まれました。 伊...
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker