日本の神様

神世七代(かみよななよ)




スポンサーリンク

神世七代

神世七代とは、別天津神の後に現れた十二柱の神様のこと。ここで初めて男神と女神が現れます。

最終的に国土が完成し、神を生み増やしていきます。

最初の二代は一柱で一代、その後は二柱で一代と数えて七代としています。

ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker