日本の神様

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の神産み

イザナギ・イザナミは国産みを終えた後、さまざまな神様を生み出しました。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の国産み
イザナギとイザナミの二神は、ふよふよと漂っていた大地を完成させるよう、別天津神たちに命じられ、日本列島と島々を生み出しました。これを国産みと言います。 オノゴロ島 二神は天浮橋に立ち、別天津神たちから頂いた天沼矛(あめの...
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)と御利益
伊邪那岐命・伊邪那美命とは 【神格】日本の国土・万物を生み出した夫婦神 【性別】伊邪那岐命(男神/兄)・伊邪那美命(女神/妹) 【分類】天津神 神世七代のうちの一柱。 12番目に現れた、男女ペアの神。 日本神話で一番...




スポンサーリンク

伊邪那岐命・伊邪那美命の間に生まれた神

二神の間には、住居に関わる神、自然に関わる神、生産に関わる神様がたくさん生まれました。

伊邪那美命から生まれた神

出産後の苦しみで生まれた神

イザナミが火の神ヒノカグツチを産んだ時、陰部を焼かれて悶え苦しみました。

その時に生まれたのが六柱の神様です。

死後に生まれた神

イザナギは大火傷が原因で亡くなりました。

腐敗した身体には、禍々しい八雷神(やくさいかづちのかみ)がまとわりついていました。

神様
1 不明 大雷(おおいかづち) 頭から生まれた
2 不明 火雷(ほのいかづち) 胸から生まれた
3 不明 黒雷(くろいかづち) 腹から生まれた
4 不明 拆雷(さきいかづち) 陰部から生まれた
5 不明 若雷(わかいかづち) 左手から生まれた
6 不明 土雷(つちいかづち) 右手から生まれた
7 不明 鳴雷(なりいかづち) 左足から生まれた
8 不明 伏雷(ふしいかづち) 右足から生まれた

伊邪那岐命から生まれた神

イザナミの死を悲しんで生まれた神

イザナギがイザナミの遺体にすがって泣いた時に、流れた涙から神様が生まれました。

火之迦具土神を殺して生まれた神

イザナギは、妻を失った怒りでヒノカグツチを切り殺してしまいました。

その時の傷から生まれたのが八柱の神様です。

神様
1 男神 石折神(いわさくのかみ) 剣の先端からの血が岩石に落ちて生まれた
2 女神 根折神(ねさくのかみ)
3 男神 石筒之男神(いわつつのおかみ)
4 不明 甕速日神(みかはやひのかみ) 剣の刀身の根本からの血が岩石に落ちて生まれた
5 不明 樋速日神(ひはやひのかみ)
6 男神 建御雷之男神(たけみかづちのおかみ)
7 女神 闇龗神(くらおかみのかみ) 剣の柄からの血より生まれた
8 女神 闇御津羽神(くらみつはのかみ)

火之迦具土神の死後に生まれた神

ヒノカグツチの死後、死体から八柱の神様が生まれました。

神様
1 正鹿山津見神(まさかやまつみのかみ) 頭から生まれた
2 淤縢山津見神(おどやまつみのかみ) 胸から生まれた
3 奥山津見神(おくやまつみのかみ) 腹から生まれた
4 闇山津見神(くらやまつみのかみ) 性器から生まれた
5 志藝山津見神(しぎやまつみのかみ) 左手から生まれた
6 羽山津見神(はやまつみのかみ) 右手から生まれた
7 原山津見神(はらやまつみのかみ) 左足から生まれた
8 戸山津見神(とやまつみのかみ) 右足から生まれた

黄泉国から逃げる際に生まれた神

イザナギは、イザナミを取り戻そうと黄泉国へ行きました。

腐敗して蛆にたかられ、八雷神がまとわりついたイザナミの恐ろしい姿を見て、イザナギは地上に逃げ帰ろうとしました。

腐敗した身体を見られたことに恥をかかされたと怒ったイザナミは、イザナギを追わせるために八雷神や鬼女たちを差し向けます。イザナギは身に着けていたものを投げながら逃げ、黄泉国と現世の間を大きな岩で塞ぎ、難を逃れました。

その時に生まれたの二柱の神様です。

神様
1  不明 意富加牟豆美命(おおかむづみのみこと) イザナギが投げつけた桃の実
1  不明 道返之大神(ちがえしのおおかみ) 黄泉比良坂をふさいだ大岩

黄泉の穢れを祓う前に生まれた神

黄泉国から戻ったイザナギは、禊の前に身に着けていたものを脱ぎ捨てました。

その時に生まれたのが以下の十二神です。

神様
1 不明 衝立船戸神(つきたつふなとのかみ) 杖から生まれた
2 道之長乳歯神(みちのながちはのかみ) 帯から生まれた
3 時量師神(ときはかしのかみ) 袋から生まれた
4 和豆良比能宇斯能神(わづらひのうしのかみ) 衣から生まれた
5 飽咋之宇斯能神(あきぐひのうしのかみ) 冠から生まれた
6 道俣神(ちまたのかみ) 袴から生まれた
7 奥疎神(おきざかるのかみ) 左手の腕輪から生まれた
8 奥津那芸佐毘古神(おくつなぎさびこのかみ)
9 奥津甲斐弁羅神(おきつかいべらのかみ)
10 辺疎神(へざかるのかみ) 右手の腕輪から生まれた
11 辺津那芸佐毘古神(へつなぎさびこのかみ)
12 辺津甲斐弁羅神(へつかいべらのかみ)

黄泉の穢れを祓って生まれた神

イザナギは、黄泉の穢れを落とすために禊を行いました。

最後にアマテラス、ツクヨミ、スサノオが生まれて次の時代がやってきます。

神様
1 男神 八十禍津日神(やそまがつひのかみ) 汚れた垢から生まれた
2 男神 大禍津日神(おおまがつひのかみ)
3 男神 神直毘神(かみなおびのかみ) 災いを直して生まれた
4 男神 大直毘神(おおなおびのかみ)
5 女神 伊豆能売(いづのめ)
6 男神 底津綿津見神(そこつわたつみのかみ) 水の底で生まれた
7 男神 中津綿津見神(なかつわたつみのかみ) 水の中ほどで生まれた
8 男神 上津綿津見神(うわつわたつみのかみ) 水の表面で生まれた
9 男神 底筒之男命(そこつつのおのみこと) 水の底で生まれた
10 男神 中筒之男命(なかつつのおのみおこと) 水の中ほどで生まれた
11 男神 上筒之男命(うわつつのおのみこと) 水の表面で生まれた
12 女神 天照大御神(あまてらすおおみかみ) 左目を洗って生まれた
13 不明 月読命(つくよみのみこと) 右目を洗って生まれた
14 男神 建速須佐之男命(たけはやのすさのおのみこと) 鼻を洗って生まれた
ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker