神社と御朱印

商売繁昌から縁結びまで「神社の三大○○」のまとめ

スポンサーリンク

日本三大稲荷

  • 伏見稲荷大社(京都府京都市伏見区)
  • 笠間稲荷神社(茨城県笠間市)または豊川稲荷(愛知県豊川市)
  • 祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市)

【祭神】宇迦之御魂神
【総本社】伏見稲荷大社
【神格】五穀豊穣・諸産業繁盛の神
【愛称】お稲荷さん

宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)と御利益
宇迦之御魂神とは 【分類】国津神 【性別】女神 お稲荷さまとして親しまれている神様です。 古事記ではスサノオとカムオオイチヒメの間に生まれた子、日本書紀ではイザナギとイザナミの間に生まれた子とされています。 名前の「宇...

日本三大八幡

  • 宇佐神宮(大分県宇佐市)
  • 石清水八幡宮(京都府八幡市)
  • 筥崎宮(福岡県福岡市東区)または鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)

【祭神】応神天皇(誉田別命)
【総本社】宇佐神宮
【神格】文武の神
【愛称】八幡さま

応神天皇(おうじんてんのう)と御利益
応神天皇とは 【分類】古代皇族 【性別】男性 【諡号】品陀和気命(ほむだわけのみこと) 【備考】第15代天皇 第14代・仲哀ちゅうあい天皇の第4皇子。 八幡様はちまんさま・誉田別尊ほんだわけのみこととして有名な神様です。...

日本三大住吉

  • 住吉大社(大阪府大阪市住吉区)
  • 住吉神社(山口県下関市)
  • 住吉神社(福岡県福岡市博多区)

【祭神】住吉三神(底筒之男命・中筒之男命・上筒之男命)
【総本社】住吉大社
【神格】海の神・航海の神・和歌の神
【愛称】住吉さん

底筒之男命(そこつつのおのみこと)・中筒之男命(なかつつのおのみこと)・上筒之男命(うわつつのおのみこと)と御利益
底筒之男命・中筒之男命・上筒之男命とは 【分類】国津神 【性別】ソコツツノオ(男神)・ナカツツノオ(男神)・ウワツツノオ(男神) イザナギが黄泉国から戻り、海に潜って禊をした際に生まれた神様で、三神合わせて住吉三神と呼ばれています...

日本三大天神

  • 太宰府天満宮(福岡県太宰府市)
  • 北野天満宮(京都府京都市上京区)
  • 防府天満宮(山口県防府市)

【祭神】菅原道真
【総本社】太宰府天満宮・北野天満宮
【神格】学問・受験の神
【愛称】天神さま、天神さん

菅原道真(すがわらのみちざね)と御利益
菅原道真とは 【分類】平安時代の貴族 【性別】男神 普段「天神さま」「天神さん」として親しまれている神様です。 代々学者の家に生まれ、学者、文人、政治家として能力を発揮した人です。 宇多うだ天皇に文学の才能を認められて...

日本三大弁天

  • 都久夫須麻神社(滋賀県長浜市)または宝厳寺(滋賀県長浜市)
  • 江島神社(神奈川県藤沢市)
  • 厳島神社(広島県廿日市市)または大願寺(広島県廿日市市)

【祭神】宗像三女神(多紀理毘売命・多岐都比売命・市寸島比売命)
【総本社】宗像大社
【神格】財宝の神、美の神、音楽・芸能の神
【愛称】弁天さま

弁才天はもともと仏教の神様です。神仏習合によって宗像三女神の市寸島比売命と同一神とされましたが、明治時代の神仏分離で、市寸島比売命もしくは三女神を祭神として復活させたところがほとんどです。したがって、どちらの名前でもご利益は同じです。
弁財天(べんざいてん)と御利益
弁財天とは 【分類】神仏習合の神 【性別】女神 弁財天は、サラスヴァティーと呼ばれていたヒンドゥー教の女神です。 インドのサラスヴァティー川を神格化した神様で、仏教に取り入れられると「弁才天」という呼び名になり、神仏習合によ...

日本三大縁結び神社

出雲大社(島根県出雲市)

【祭神】大国主神(大己貴命)
【神格】国造りの神、農業神、商業神、医療神、縁結びの神

大国主神(おおくにぬしのかみ)と御利益
大国主神とは 【分類】国津神 【性別】男神 スサノオの6代孫にあたる神様。 最初はオオアナムヂという名前でしたが、スサノオによりオオクニヌシの名前を与えられています。 その他に、ヤチホコという別名もあります。 兄...

貴船神社(京都府京都市左京区)

【祭神】闇龗神(高龗神)
【神格】水の神、雨乞いの神

闇龗神(くらおかみのかみ)と御利益
闇龗神とは 【分類】国津神 【性別】女神 イザナギがヒノカグツチを斬った時、剣の柄に溜まった血が、指の間から漏れて生まれてきた神様です。 タカオカミと同一神とも言われていて、一節では、クラオカミは「谷底暗闇の龍神」、タカオカ...

氣多大社(石川県羽咋市)

【祭神】大国主神(大己貴命)