人気が高い神様

「祇園さま・天王さま」祭神・ご利益・所縁の神社

スポンサーリンク

祭神

【祭神】須佐之男命すさおおのみこと

【別名】素戔嗚尊すさのおのみこと牛頭天王ごずてんのう

【神格】農業神、防災除疫の神、歌人の神

【総本社】八坂神社と広峯神社が牛頭天王総本宮を主張しています

須佐之男命(すさのおのみこと)と御利益
須佐之男命とは 【分類】天津神 【性別】男神 イザナギが黄泉国から戻って禊をした際、洗った鼻から生まれた神様です。 三貴神の末っ子で、アマテラスとスサノオの弟になります。 イザナギから海原の統治を命じられましたが、その...

ご利益

恋愛 ・縁結び、夫婦和合、厄除開運、五穀豊穣、水難、火難、必勝祈願など

祇園さま・天王さまとは

古くは牛頭天王と須佐之男命を神仏習合した神を信仰し、祇園社・天王社と呼ばれていました。

牛頭天王はインドの祇園精舎ぎおんしょうじゃの守護神で、二神は厄病除けの神として崇められていました。

明治時代に神仏分離が行われると、仏教の神である牛頭天王は祭神から外され、「牛頭天王」「祇園」などの仏教用語を社名に用いることも禁じられました。

そのため、祇園社は「八坂神社」、津島牛頭天王社は「津島神社」と改名して現在に至っています。

また、牛頭天王・須佐之男命に対する信仰は、津島神社(愛知県津島市)を中心に東海地方に広まっていき、これを特に「天王信仰」と呼んでいます。

氷川神社(埼玉県さいたま市)を中心とした氷川信仰も須佐之男命を祀っていますが、祇園信仰・牛頭天王信仰とは根本が異なっています。
商売繁昌から縁結びまで「神社の三大○○」のまとめ
日本三大稲荷 伏見稲荷大社(京都府京都市伏見区) 笠間稲荷神社(茨城県笠間市)または豊川稲荷(愛知県豊川市) 祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市) 【祭神】宇迦之御魂神 【総本社】伏見稲荷大社 【神格...

代表的な神社

  • 八坂神社(京都府京都市東山区祇園町北側625番地)
  • 津島神社(愛知県津島市神明町1番地)
  • 八雲神社(栃木県足利市緑町1-3776)
  • 須佐神社(和歌山県有田市千田1641)
  • 広峯神社(兵庫県姫路市広嶺山52)