日本の神様

アマテラスとスサノオの誓約(うけい)

イザナギとイザナミの国産み・神産みが終わると、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三貴神の時代が始まります。

その頃のスサノオは、世の中の秩序を破壊する乱暴者。父親に見放された弟が地面を揺るがす轟音とともに高天原にやってきたら、アマテラスじゃなくても誰もが国を奪いに来たと思うでしょう。

当の本人にはそんな気持ちは無いのですが・・・。

アマテラスとスサノオの誓約は、そんなスサノオがアマテラスに対して身の潔白を証明するというお話です。




スポンサーリンク

スサノオ、海原から追放される

イザナギがスサノオに海原(地上)の統括を命じたところ、その責務を放棄し、黄泉国にいる母親(イザナミ)に会いに行きたいと泣き叫び、その激しさで天地に甚大な被害を与えました。

それに怒ったイザナギは、スサノオを海原から追放しました。

スサノオ、アマテラスに会いに行く

スサノオは、黄泉国に行く前に、高天原のアマテラスに会いに行きました。

すると山川が鳴り響き、国土が震動したので、アマテラスはスサノオが高天原を奪いに来たのだと思い、武装して待ち構えていました。

スサノオ、アマテラスの疑いを解く

スサノオは、誤解を解くためにアマテラスに誓約(うけい)を持ちかけました。

スサノオの十握剣の剣(とつかのつるぎ)とアマテラスの八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を交換し、それによって生まれた神の性別で、スサノオに邪心があるかないかを判断することにしました。

※この時、結果のルールを決め忘れていました。

その結果、スサノオから三柱の女神、アマテラスからは五柱の男神が生まれました。

スサノオが「自分の心に邪心がないからか弱い女神が生まれたのだ」と勝利宣言をしたため、アマテラスはスサノオに国を攻める気はないと判断しました。

誓約とは古代日本で行われた占いで、ある事柄について「そうならばこうなる、そうでないならばこうなる」とあらかじめ宣言を行い、その結果によって吉凶、正邪、成否などを判断することです。

誓約によって生まれた子

アマテラスがスサノオの十握剣をかみ砕き、吹いた息の霧から生まれた女神。のちの宗像三女神。

スサノオがアマテラスの八尺瓊勾玉をかみ砕き、吹いた息の霧から生まれた男神。

神様
1 男神 天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと) 左のみづらに巻いている玉から
2 男神 天之菩卑能命(あめのほひのみこと) 右のみづらに巻いている玉
3 男神 天津日子根命(あまつひこねのみこと) かづらに巻いている玉から
4 男神 活津日子根命(いくつひこねのみこと) 左手に巻いている玉から
5 男神 熊野久須毘命(くまのくすびのみこと) 右手に巻いている玉から

あとがき

一時的に騒動が落ち着きますが、再びスサノオが暴れまくって天岩戸事件に続きます。

ラノベ古事記 日本の神様とはじまりの物語
created by Rinker